無職生活

自己都合退職後に国民健康保険料の減免申請をした結果「年額57万円→〇〇万円」

投稿日:

 

以前、国民健康保険料が高すぎて支払えないため、市役所の窓口へ行き「減免申請」をしてきたという記事を書きました。

無職になって驚愕!国民健康保険料が高すぎて払えない!減免してもらえる?

ポイントは「非自発的退職による減免申請ではなく自発的退職(自己都合)での減免申請」ということです。

社会保険から国保に切り替えるために窓口に行った時に減免申請をしておけば良かったのですが、窓口の職員は非自発的退職の場合の減免制度のことは教えてくれましたが、自己都合退職の場合でも減免申請ができるということは教えてくれなかったため、6月に「支払通知書」が自宅に届いてから再度市役所に足を運び減免申請を行いました。

国民健康保険料も「ある程度の金額は支払わなければ仕方がないなぁ」と思っていたのですが、支払通知書を見てビックリ!なんと「年額約57万円」もの額が提示されていました。

無職となり収入が無くなったのに、さすがにこの金額を支払っていくのは「相当きつい」です。

ということで、今回は、「自己都合退職した無職が国民健康保険料の減免申請をした結果、「年額約57万円」がいくら減免できたのか」を記事に書きたいと思います。

※この記事の国民健康保険料の金額には介護保険料も含まれています。

 

 

 

(スポンサーリンク)

減免申請の結果

 

 

7月中旬頃に自宅の郵便受けに、国民健康保険料の「減免承認決定通知書」「更生・決定通知書」「減免後の金額になった納付書」が入った封筒が届きました。

さて、いくら減免されることになったのでしょうか。

早速、中を確認してみました。

 

年額57万円→17万円に減額

減免申請の結果は「年額約57万円」だった金額が、「年額約17万円」に減額されていました。

約40万円も減額出来ました。

70%近い割合の減額です(約7割減免)。

月々の支払額も約1万3千円程度になっています(6月に既に5万7千円を支払っていたため充当されている)。

57万円支払うのと、17万円支払うのでは、雲泥の差があります。

その差額である40万円があれば、2か月は生活が成り立ちます。

食品も日用品も大体のものは購入できます。

正直心から「減免申請をして良かったー!」と思いました。

 

 

とにかく放置しないこと

何にでも言えますが「とにかく放置しないこと」が重要です。

もし国保料年額57万円のまま放置していたら、「無理してでも支払って生活困窮」か「支払えなくて滞納」のどちらかになっていたと思います。

「無理なものは無理」「助けて欲しい時は助けて欲しい」とハッキリ言うことが大切だということが改めて身に沁みました。

 

 

 

最後に

 

 

今回は、自己都合退職後に国民健康保険料の減免申請をした結果について記事を書きました。

私の場合は7割近く減額することが出来ましたが、皆に同じように当てはまるのかは正直わかりません(現在の年齢や前年の年収やお住まいの地域や市区町村によって違うかと思います)。

減額通知書(結果)が届くまでは「せいぜい4割くらいの減額かなぁ」と思っていましたが、ありがたい方に予想を超えてくれました。

年額17万円ならなんとか支払っていけそうです。

同じような状況の人のお役に立てましたら幸いです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後までお読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ
にほんブログ村

楽天ウィジェット

-無職生活
-, , ,

Copyright© 雑記ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.