雑記

日本生命のご契約内容確認活動とは?自宅訪問されるのを回避する2つの方法

更新日:

 

日本生命の保険に加入されている人はご存知かもしれませんが、日本生命には「ご契約内容確認活動」というものがあります。

頻度は「毎年1回」です。

毎年1回、日本生命の外交員が自宅を訪問してくるのが「ご契約内容確認活動」になります。

でも、毎年自宅を訪問されるなんて「ちょっと遠慮したい」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は、「この日本生命のご契約内容確認活動はどういうものなのか」「自宅を訪問されるのを回避する2つの方法」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

ご契約内容確認活動とは

 

 

そもそも、「ご契約内容確認活動」とは何なのでしょうか。

何の目的で、毎年自宅を訪ねてくるのでしょうか。

 

背景

この活動の背景として、保険会社全体の問題として「保険金不払い問題」がありました。

保険金は、加入している人が請求することで支払われるものなので、もし保険金支払いの対象となっていても、請求が無ければ保険会社も把握できませんし支払うことも出来ません。

ですから、そういうことにならないように、適正に保険金を支払うために毎年顧客を訪問し、契約内容と併せて「入院や通院をされていないか」を確認するようになったのです。

顧客にしてみれば、保険金の請求忘れが防止できるので「良い活動」なのですが、電話確認で済むはずなのに「頑なに自宅を訪問しようとする」ところに「気まずさ」や「敬遠したい気持ち」が生まれてしまいます。

 

内容

この活動の内容は、基本的に顧客の自宅を訪問し

  • 通院や入院をしていないか
  • 契約内容の確認
  • ポイント残高や失効期間の確認
  • 最適な保険商品の紹介やアドバイス

などを行います。

気になるのは「最適な保険商品の紹介やアドバイス」です。

自宅まで来られて「営業トーク」をされるのはあまり気持ちの良いものではありません。

確かに、生保レディも保険のプロなので自分にとって良い商品の場合もありますが、どちらにしても「お金」が発生してきます。

色々な案を提供してくれるメリットよりも「それらを断るエネルギー」の方が何倍もしんどいのです。

 

担当セールスレディ

訪問して来るのは、自分の地域を管轄している支店の担当外交員です。

ほとんどが「女性」なので「セールスレディ」とも呼びます。

この担当セールスレディが「毎年変わる」のです。

保険外交の世界は弱肉強食なので、入れ替わりが激しいのか、異動が多いのかはわかりませんが、事実として毎回担当者が変わります。

ご契約内容確認活動をするために、事前にアポイントメントを取ろうと電話をしてくるのですが、毎回その第一声が

「今回、担当をさせて頂くことになりました〇〇です」

と言われます。

色々と大変なのでしょうが、担当者が毎回変われば信頼関係も築けませんよね。

毎回違う人に自宅に出入りされるのも気が引けてしまう原因のひとつです。

 

断り続けるとどうなるのか

この活動は電話で事が済みそうですが、電話では終わらせてくれません。

「平日でご都合の良い日をお知らせください」

と来る気満々です。

では、拒否したり予定が合わず、この活動を終わらせない場合、どうなってしまうのでしょうか。

「適切に保険金をお支払いできない可能性がございます」

と言われ恐れおののきます。

せっかく今まで支払ってきた保険料が無駄になってしまうとしたら恐怖です。

しかし、これの意味するところは

「通院や入院をされていても保険会社が把握していなかったり、顧客自身が請求をしないことによって、適切に支払われない可能性がある」

という意味になります。

ですから、その辺をちゃんとしておけば今までの保険料が無駄になってしまうということはないはずです。

では、「拒否しつづけたり、放置で良いのか?」ということになりますが、そのまま放置すると「何度も電話」が掛かってきます。

その都度、電話対応をしたり、最悪の場合、イライラしてしまって外交員と揉めたり、保険を解約することにもなりかねません。

それでは、せっかく加入した保険商品も無駄になってしまいますし、自分にとってもあまりメリットがありません。

 

 

 

自宅を訪問されるのを回避する2つの方法

 

 

ご契約内容確認活動の自宅訪問を回避して、穏便に済ませられる方法が2つあります。

しかし、何故かセールスレディはこの方法を自らは言いません。

やはり、「自宅を訪問することに何かの意味を見出している活動」であることが窺えます。

自宅訪問を断りつつ、この活動を穏便に終わらせる方法がちゃんとあるのでご紹介したいと思います。

 

回避方法①「郵送で済ませる」

日本生命の「お客様情報確認シート」を郵送してもらい、記入後に返送することで、この活動を終わらせることが出来ます。

但し、「ニッセイから郵送」→「確認と記入」→「ニッセイへ返送」という手順が必要となるので、少々時間と手間が掛かります。

でも、これをしておけば自宅にセールスレディが訪問してくることはありませんし、その後1年間は電話が掛かってくることはありません。

 

回避方法②「ネットで済ませる」

私は毎年、こちらの方法で回避しています。

日本生命のホームページ」にアクセスして、「ご契約者様」→「ご契約者さま専用サービスログイン」という赤いボタンをクリックしてログインします。

ログインすると「ご契約内容確認活動」という項目があるので、それを手順通りクリックして確認等を行っていきます。

※この項目は、普段は見当たらず、活動が行われる4月~5月頃になると出現するようです。

特に何も変更することが無ければ、2分程度でスムーズに終了します。

住所等の変更がある場合は、変更作業を行ってください。

これでセールスレディが訪問してくることはありませんし、その後1年間は電話が掛かってくることもありません。

 

 

 

最後に

 

 

今回は、日本生命が毎年行っている「ご契約内容確認活動」についての解説と、自宅へ訪問されるのを回避する2つの方法をご紹介しました。

ニッセイのセールスレディの人達もノルマがあるでしょうから大変だと思うのですが、やはり毎年自宅に訪問されるのは顧客としてはちょっと敬遠したい気持ちになってしまいます。

もし同じような気持ちの方がおられて、この記事が参考になれば幸いです。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後までお読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ
にほんブログ村

楽天ウィジェット

-雑記
-, , ,

Copyright© 雑記ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.