時事ニュース

「損保ジャパン4000人削減し介護事業へ配置転換」現役介護士達が賛否両論

更新日:

 

損保ジャパンが2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度削減し、介護などを手掛けるグループ企業に配置転換をする方針であるというニュースが流れてきました。

このニュース報道に対して、Twitter上では現役介護士たちの様々な反応があり賛否両論があるようです。

今回は、金融業界から介護業界への配置転換に関するニュースの現役介護士達の賛否両論の反応をご紹介したいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

ニュース概要

 

 

損保ジャパン、4000人削減=ITで効率化、介護分野などに配転

損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度減らす方針であることが24日、分かった。全体の約15%に相当する。ITを活用し、業務の効率化を進める。余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換し、新卒採用も抑える。希望退職者の募集は予定していない。

20年度末の従業員数は2万2000~2万3000人程度に減り、人件費などを年約100億円圧縮できる見通し。

金融業界では、三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手行も、ITを活用した人員削減を急いでいる。

【出典】時事通信社

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062401063&g=eco

 

 

 

 

Twitter上での現役介護士の反応

 

 

否定的な意見

 

 

 

https://twitter.com/nittanana/status/1143746926837297152

 

https://twitter.com/ntya1231/status/1143368606564044801

 

 

「介護は誰にでもできる仕事ではない」という意見や「余った人材を介護に回す」ということについて違和感を感じている介護士が多いようでした。

 

 

肯定的な意見

 

 

 

「人材不足の介護業界に4000人もの人材が来てくれることはありがたいこと」「新人職員として頑張ろうとしている人達を広い心で迎い入れてあげることが大切」「余った人材は気に食わないなんて言っているからいつまで経っても人材不足なんだ」という意見がありました。

 

 

 

最後に

 

 

今回は、損保ジャパンが従業員を4000人削減し、グループ企業の介護事業などに配置転換するというニュースに対する現役介護士たちの反応をご紹介しました。

肌感覚ですが、否定的な意見の方が多いような気がします。

「介護は誰にでも出来る」「介護は単純作業」「介護は低スキルの仕事」という発言や報道などで、現役介護士たちもプライドを傷つけられたり貶められたりすることが多いため、今回も「余った人材」という報道の言い回しに違和感や不快感を示す人が多かったのかもしれません。

今後益々「超高齢社会」になっていく中で、介護の仕事は無くてはならない重要な職業です。

まずは介護業界の低賃金や労働環境の改善が急務ではないでしょうか。

そして、1人でも多くの「優秀な人材」を確保していく必要がある業界だと思います。

 

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後までお読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ
にほんブログ村

楽天ウィジェット

-時事ニュース
-, , ,

Copyright© 雑記ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.